• HOME
  • ザ・セラー六本木とは?
  • ワインの選び方
  • スタッフ紹介
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • お問い合わせ
THE CELLAR NEWS

ゆったりまったり(?)フランス渡航記 1日目

こんにちは。本名です。

実はわたくし、3月12日から17日までフランスに出張に行っておりました。
今回はその模様をレポートいたします!

ミッションは、13日のブシャール迎賓館にて行われた、
銀座のお寿司やさん「鮨 からく」様のイベントの発信なのですが、
そちらはプロカメラマンが撮影してくれているので、
素敵な写真と共に後日詳細をアップいたしますね!

それではなんら大したことのない文章ですが、ワインでも片手にご覧いただければと思います。

3/12

10時に羽田からパリ/シャルル・ド・ゴール空港へ出発。

しばし花粉とおさらばです。

パリには大学2年生のとき以来、6年ぶり2度目です。
当時は最高気温-1℃、最低気温-11℃という極寒で、死にそうになりながらホテル探しをした覚えがあります。そして、実は今まで行った都市ランキング断トツワースト(個人的ランキング)だったパリですが、それはひっくり返るのだろうか・・・。
なぜ良くないイメージがあるかといいますと、大学生ということもありご飯はそこまでお金をかけれなかったのですが、1日くらい贅沢しようと「地球の歩き方」に載っていた老舗レストランに行きました。
しかし、そのレストランはサービス最悪、ステーキもゴムのような堅さ。エスカルゴが辛うじて美味しいくらいでした。そしてめちゃ寒い、街中の人は冷たいなど。。
ルーヴルやオルセーなど美術館は非常に良かったんですがねぇ。
今回、パリ滞在はそこまでないのですが、そんな不安と淡い期待の篭った12時間半のフライトでした。

 

※なんとミシュラン一つ星を獲得している、 巣鴨のラーメン屋「蔦」のまぜそばが機内食で!うまい!

今回は輸入元ファインズ様にお招きいただき同行したのですが、JALでした。
最近は専ら格安航空会社を使っていたのでそれだけで感動し、
映画3本、ビール3本をたいらげ悠々と現地入り!(仕事です!)着いた時刻は15時です。日本時間では夜の23時ですね。
寝ていなかったので何度も落ちそうになりましたが、
パリに着いてから1時間近くかけてガール・ド・リヨン駅へ、
そしてそこからTGVという新幹線みたいなものに乗って、また2時間強かけてボーヌへ。
移動、移動、またまた移動の1日でしたが南米での23時間耐久バス以来、移動には強い方なので、なんとか乗り越えられました。

 

 

 

ボーヌに着いたのは19時(日本時間 午前3時)近く。「移動もあったし!ゆっくり寝ますか!」という訳には行かず、
気持ちばかりの休憩をしてから近くのレストラン “ Caves Madeleine ” へ。

現地の人たちで溢れています。

期待が高まります!

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、しばらくすると・・・。

 

 

 

 

 

うぉー!うめー!目が覚めました。
フレンチってこんなに美味しいんだ・・・。
シンプルだけどとても繊細、それでいて素材の味がかなり引き出されているプレートの数々。
どれがどんな食材を使った料理かは申し訳ないですが、全く覚えていません!しかし、一番左のたたき肉は至高でした。
疲れた身体にじわーっと染み渡ります。

 

肝心のワインは・・・

どどん!!と初日からアルマン・ルソーさんとラモネさんの登場です。
いやほんと安いんです。
ルソーは176€、ラモネは122€ですよ?日本円にして約22,800円と約15,860円です。
レストランですからね? いやー、やっぱ本場は違います。
ワインリストもパシャって来たのでこの記事の一番下にずらっと並べておきます!よければご覧になってくださいね!

そんなこんなで会は盛り上がり、気付けば23時!(日本時間 午前7時)
最後に右3種のマールやらフィーヌを飲みまして、、サービスで日本酒の新政もいただきまして、、
だいぶ深酒しました。

眠さと酔いでフラフラな中、ホテルへ帰宅し、二日酔いにならないように祈りながら就寝しました。

次回は、メインイベントを除いた2日目の様子をお伝えいたします!

↓ Caves Madeleine のワインリスト(添付ファイルをクリックすると別ページにて拡大してご覧いただけます。)