• HOME
  • ザ・セラー六本木とは?
  • ワインの選び方
  • スタッフ紹介
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • お問い合わせ
ログイン
メルマガ会員募集中
セミナーレポート
ワインの選び方
スタッフ紹介
THE CELLAR NEWS
熨斗・ラッピング対応しております。
公式Facebook

calendar

2019年 02月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
今日
2019年 03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

実店舗情報

The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 営業時間11:00 〜 22:00
    (土日祝は21:00まで)
  • 店休日無休(正月三箇日及びビル休業日を除く)
  • 所在地東京都港区六本木1-4-5アークヒルズ サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 営業時間10:00 〜 22:00
  • 専門スタッフ対応時間16:00 〜 21:00
  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル 1FFUKUSHIMAYA TASTING MARKET内
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 営業時間平日 12:00 〜 21:00
    土・祝 11:00 〜 20:00
    日 11:00〜18:00
  • 店休日月曜日定休
    ただし月曜日が祝日の場合営業11:00〜18:00
  • 所在地東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa銀座ビル 1F リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
 

トップ > スタッフおすすめから探す > ラッツェンベルガー クロスター・フュルステンベルク リースリング 2017

ラッツェンベルガー クロスター・フュルステンベルク  リースリング 2017

拡大画像

※画像はイメージのため実際の商品とは異なる場合があります。

ラッツェンベルガー クロスター・フュルステンベルク リースリング 2017

商品番号
4260015645412
英語表記
Raztenberger Kloster Furstenberg Riesling 2017
原産国
ドイツ
生産地域
ミッテルライン
輸入元
ヘレンベルガーホーフ
容量
750ml
アルコール度数
価格 : 2,980円(税抜)
ポイント : 32
数量
 

15,000円以上お買い上げで1梱包(9本まで)配送料無料ただし、沖縄県に関しましてはお客様に1,400円御負担頂きます。

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
味わいMAP

リースリングの魔術師

品種:リースリング

1800年台後半からある醸造所を前ご当主が冷戦期に東ドイツから移住して買い取り、ラッツェンベルガー醸造所の歴史はスタートしました。
当時、買い取った醸造所のセラーには、隣接する急斜面の畑から取れた、かなりの年数熟成したリースリングワインや、スパークリングワインが眠っており、その高品質な味わいに圧倒されたことから、この土地の個性を最大限に活かした至高のリースリングワイン造りがはじまります。
現在はご当主ヨハン・ラッツェンベルガーさんをはじめ、奥さん、ご両親、そして二人の娘さんとともに、3世代の家族経営でワイン造りを行っています。
廃墟となった今もなおその姿をとどめるフュルステンベルク城址から見下ろす斜面には日当たりの良い南向きの葡萄畑が広がります。

しっとりと、とろみを感じるような濃厚な口当たり、熟した果実を思わせる凝縮された果実の甘さとミッテルライン特有の活き活きとした酸味が独特の調和を奏でています。
 

本名 凌人
arrow

当店のお姉様である馬場、久田に続き、ラッツェンベルガーのおすすめです。
今回紹介するものは価格としては一番リーズナブルなもの。
家で飲むのは白が多いのですが、ワインを選ぶ条件として「ピュア」「口当たりが丸い」「飽きない」というのがあります。
このワインは予想通り全てを兼ね備えた超万能な子。
元々、ラッツェンベルガーは今までも何を飲んでも美味しい安心感のある造り手として自分の中では確立しているんですけどね。

温度は軽く冷やして後は常温でいただきます。もともと果実味がたっぷりとある造り手なので、これくらいの温度が個人的には好みです。だいたい15度くらいでしょうか。
味わいはまず口いっぱいに甘さが広がります。そして、酸とミネラルが心地よく甘みを包み込んで、後を引く旨味が生まれます。
ジュージーで熟れた果物を頬張ったときに感じる、唾液がじゅわっと口に広がる感覚を口に入れるたびに体感できるほど充実感があります。
充実感はあるけれども柔らかいので、飲み疲れは全くしません。気づいたら1/5程しか残らず、「危ない、危ない」と翌日に残しました。

それくらい旨いです。
季節不問、料理の受け口も広く、ベンチ(家)にいると安心感のあるユーティリティープレイヤーです。
ぜひお試し下さい。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く

入力された顧客評価がありません。