• HOME
  • ザ・セラー六本木とは?
  • ワインの選び方
  • スタッフ紹介
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • お問い合わせ
THE CELLAR NEWS
  • HOME >
  • THE CELLAR NEWS >
  • 【開催中止】3月25日(水) シャサーニュ・モンラッシェの新星、ハイツ・ロシャルデを味わう

【開催中止】3月25日(水) シャサーニュ・モンラッシェの新星、ハイツ・ロシャルデを味わう

新型肺炎の感染拡大を受け、当イベントは中止とさせていただきます。
当イベントをご検討いただいた皆様、楽しみにお待ち頂いた皆様にご迷惑おかけ致しますことをお詫び申し上げますと共に、一刻も早い事態の沈静化を願っております。

皆様はハイツ・ロシャルデというドメーヌをご存知でしょうか。

まだまだご存知でない方が多いのもそのはず、ファーストヴィンテージは2013年、当主のアルマン・ハイツは31歳という若い造り手です。本拠地を置くのはコート・ド・ボーヌのシャサーニュ・モンラッシェ村。
1857年に歴史を遡る一族ではありますがブドウ栽培を始めたのは父の代から。その当時は栽培農家としてブドウをジョセフ・ドルーアンに売却して生計を立てていました。

ワイン造りを始めた当初は3haの畑からスタートし、現在ではシャサーニュ・モンラッシェやムルソー、ポマールなどに広げ、現在では約8haを所有しています。
全ての畑でビオディナミ農法を実践し、醸造は赤白ともに全房醗酵というスタイルでボリューム感のあるワインを造り出します。
ファーストヴィンテージをリリースして以降、年々評価も高まり、かのマスターオブワイン、ジャシス・ロビンソン氏も一目置く存在となっております。

生産量が少なく、なかなか皆様にご紹介するのが難しいドメーヌではありますが、最新の2017年ヴィンテージが入荷してきましたのでセミナーで楽しんでいただけたらと思います。
今回ご用意するのはシャルドネに絞った計6種。
樽発酵・樽熟成、ブラン・ド・ブランのクレマン・ド・ブルゴーニュ始まりレジオナルクラスのブルゴーニュ・シャルドネ。
村名クラスはムルソー ラ・バール。コント・ラフォンのモノポール、クロ・ド・ラバール隣接する畑のわずか0.2haほどの区画から取れるブドウを使用しております。
そしてシャサーニュ・モンラッシェは1級畑が3種オンリスト致します。

講師はTHE CELLAR Roppongiスタッフ、吉永が務めます。店舗セミナー初陣ではございますが楽しんでいただけるようつとめさせていただきます。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

【試飲リスト】
*ワインリストは予告なく変更する可能性がございます。ご了承下さいませ。
*当時はセミナー参加者限定で特別価格で試飲ワインを販売致します。

 

■ハイツ・ロシャルデ ブルゴーニュ・シャルドネ 2017 4,000円(+tax) → 3,380円(+tax)
■ハイツ・ロシャルデ クレマン・ド・ブルゴーニュ フュ・ド・シェーヌ 2017 4,000円(+tax) → 3,380円(+tax)
■ハイツ・ロシャルデ ムルソー ラ・バール 2017 10,000円(+tax) → 8,980円(+tax)
■ハイツ・ロシャルデ シャサーニュ・モンラッシェ モルジョ・ブラン 2017 12,500円(+tax) → 10,800円(+tax) 
■ハイツ・ロシャルデ シャサーニュ・モンラッシェ ラ・マルトロワ 2017 12,500円(+tax) → 10,800円(+tax)
■ハイツ・ロシャルデ シャサーニュ・モンラッシェ テット・デュ・クロ 2017 13,500円(+tax) → 11,800円(+tax)

【日時】3月25日(水)19:00~20:30
【参加費】6,000円(税込)
【定員】10名
【場所】THE CELLAR Roppongi 実店舗隣カフェBe a good neighborにて