• HOME
  • ザ・セラー六本木とは?
  • ワインの選び方
  • スタッフ紹介
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • お問い合わせ
ログイン
メルマガ会員募集中
セミナーレポート
ワインの選び方
スタッフ紹介
THE CELLAR NEWS
熨斗・ラッピング対応しております。
公式Facebook

実店舗情報

The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 営業時間11:00 〜 21:00
    (日祝は20:00まで)
  • 店休日無休(正月三箇日及びビル休業日を除く)
  • 所在地東京都港区六本木1-4-5アークヒルズ サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 営業時間10:00 〜 22:00
  • 専門スタッフ対応時間16:00 〜 21:00
  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル 1FFUKUSHIMAYA TASTING MARKET内
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 営業時間平日 12:00 〜 21:00
    土・祝 11:00 〜 20:00
    日 11:00〜18:00
  • 店休日月曜日定休
    ただし月曜日が祝日の場合営業11:00〜18:00
  • 所在地東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa銀座ビル 1F リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
 

トップ>ドメーヌタカヒコ ナナツモリ 2017&ベルンハルト フーバー グランクリュ必ず入ってる福袋的ピノ・ノワール4本セット

タカヒコ ナナツモリ ピノノワール2017必ず入ってる福袋的ピノ・ノワール5本セット

ドメーヌタカヒコ ナナツモリ 2017&ベルンハルト フーバー グランクリュ
必ず入ってる福袋的ピノ・ノワール4本セット

師走の候、皆様いかがお過ごしでしょうか?

師走になる前から、福袋を連発している我々ですが、皆様この福袋(的)セットを心待ちになさっていた方が多いのでは無いでしょうか?
ドメーヌタカヒコと世界のピノ・ノワール4本セットを何と2パターン発売致します!

この
「ドメーヌタカヒコ ナナツモリ&フーバーグランクリュ必ず入ってる福袋的ピノ・ノワール4本セット」を48セットと
「ドメーヌタカヒコ ヨイチノボリ世界のピノ・ノワール入ってる福袋的ピノ・ノワール4本セット」を12セット。

ドメーヌ タカヒコ は必ず入っていて、他3本が何が当たるかお楽しみ♪という計4本の福袋(的)ピノ・ノワール ワインセットです。

発売開始は12月7日(土)22時です!

皆様良くご存知かと存じますが、念の為。
ドメーヌ タカヒコは曽我貴彦さんが北海道は余市に2010年に設立した醸造所。
ナナツモリの畑はドメーヌタカヒコが所有しており、ピノ・ノワールだけが栽培され全てはビオ(有機栽培)で管理されています。
ラベルにはドメーヌタカヒコと明記されてます。

2017年はドメーヌタカヒコのHPによると
「余市エリアにおいては、例年並みの安定した気候で推移したため、高品質なブドウの収穫と理想的な収穫量が得られた良い年であった。欲を言えば9月の日照がもう少し欲しかったが、病果も殆どなく、これまでよりも味の密度が濃く、強い果実味を持ったブドウの収穫ができた。ワインにおいても、ナナツモリの課題であった果実味と口中における香味の密度において、理想に少し近づけた手応えを感じる。」とのことですよ。

さてタカヒコは必ず入ってるので「福袋的」なのですが、今回はもう一つ大・大・大目玉があります。
それはドイツはバーデンのベルンハルト フーバー醸造所が命を懸けるピノ・ノワール、その中でもドイツ最高峰、特級畑のワイン必ず入っています。

皆さんはベルンハルト フーバー醸造所をご存知でしょうか?
フランスとスイスとの国境線沿いに位置し、ドイツで最も温暖な地、バーデン地方。そこで今、最も注目を集めているのがフーバー醸造所です。
フーバ醸造所はピノ・ノワールにおいて、ドイツ随一の醸造所なのです。

先代ベルンハルト・フーバーさんが研修生だったころ、13世紀の古文書に出会い、そこで故郷マルターディンゲン村がかつてピノ・ノワールの一大名産地だったことを知ります。
文献によると、ライン河を渡りゲルマンの地に布教に来たフランスのシトー派の僧侶が、マルターディンゲン村にピノ・ノワールを持ち込んだことが記載されていたのです。僧侶達がマルターディンゲンを選んだその最大の要因は、彼らの故郷であるブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたことです。

それを知ったベルンハルト・フーバーさんは1987年、当時加盟していた協同組合を脱却、醸造所を立ち上げ、まさにゼロからのスタートをきりました。
当時安価な甘口ワインばかり造っていた世間の冷たい風にさらされながら、
ピノ・ノワールの栽培に命をかけ続け、次第にその名は世界に轟き、たった20年ほどでドイツで最も権威のあるワインガイド「ゴーミヨ」にて2008年度最優秀醸造家賞を受賞。さらに2011年度は他を寄せ付けず、赤ワイン賞3冠に輝きました。

残念ながら、2014年6月、55歳の若さで永眠されたベルンハルトさん。今はその熱き魂を受け継いだ息子であり新当主のユリアンさんによって素晴らしいワインが生み出され続けています。

そんなフーバー醸造所が誇る3つのグランクリュがあるのですが、当セットには下記の2つの畑のワインどちらかが入っています。
■ ベルンハルト フーバー  ボンバッハー ゾンマーハルデ シュペートブルグンダー [R] G.G.  2015
■ ベルンハルト フーバー  ヘックリンガー シュロスベルク シュペートブルグンダー [R] G.G. 2015

各ワインの詳しい説明は下記をご覧ください。
(ちなみにヨイチノボリ福袋セットでは、もう一つのグランクリュ、マルターディンガー ビーネンベルク シュペートブルグンダー [R] G.G.が高確率で当たります。)

そして3本目はピノ・ノワールセットと言えばやっぱりここは外せません。
ブルゴーニュはコートドールの村名以上が入ってます。
一例を挙げると
     ■ ペロ ミノ ヴォーヌ ロマネ 2011
     ■ ブシャールP&F ル コルトン 2016
     ■ シャルロパン ティシェ ヴォーヌロマネ 2016・・・

そして4本目はアメリカのピノ・ノワールと言えばというトップ生産者のワインが入っています!
     ■ ニコラ ジェイ ビショップ クリーク ピノノワール 2017
     ■ デュモル ピノノワール コナー ジョイロード ヴィンヤード ソノマコースト 2014
     ■ ボー フレール ウィラメット ヴァレー ピノノワール 2017・・・等など

タカヒコはもちろんその他のワインも、ピノノワリストなら嬉しいセレクションです。
楽しい年末年始になりそうなワインを選んでいます!
是非ご購入下さい!
言い忘れましたが、限定48セットの発売です。     
 
価格は4本で31,800円(+tax)
最低でも当店希望小売価格で37,800円(+tax)59,400円(+tax)のワインが入ったセットです。
12月7日(土)22時までは何も表示されません。
時間になりますと、覆面ワインが1〜48まで並びます。お好きなナンバーを選んでご購入下さいませ。

発売時間を忘れちゃいそう・・・という方はどうぞメルマガをお申し込み下さいませ。
発売の2時間前にメルマガ配信しております↓


メルマガ申し込みはこちらから






販売ページ

全てのセットに入ってる主役のワイン


ドメーヌ・タカヒコ ナナツモリ ピノノワール 2017

ドメーヌ・タカヒコ
ナナツモリ ピノノワール 2017

通常価格 :4,800円(税抜)

ワインは自我の塊だと私は思っております。ワインの味や香りはテロワールにも大きく影響されますが、それよりもまして「人」によって大きく影響されます。なぜらな「自然と人」との関係に対する栽培・醸造家の哲学がワインの味に大きく影響するからです。
ドメーヌタカヒコ自社畑から生産されるワイン
産地:北海道 余市

この畑はかつて、7種類の果樹が育つ果樹の森でした。その畑の歴史を後世に伝えるために、ナナ・ツ・モリ(七ツ森)と言う名前が付けられたました。
現在、ナナツモリの畑はドメーヌタカヒコが所有しており、ピノ ノワールだけが栽培されております。この畑の全てはビオ(有機栽培)で管理されており、ラベルにはドメーヌタカヒコと明記されています。

梗由来のスパイシー香に対するイメージは2015年と同じようにやや弱めに抑え気味。
熟成には古樽を用いるが新樽も5%だけ使用。瓶詰時においても亜硫酸無添加。
香りは森の中の心地よい香りをイメージし、ビーツ、シナモン、ストロベリー、ミント、マツタケ、チェリー、黒スグリ、スミレ、クローブなどの香りが広がります。

【2本目】 ベルンハルト フーバー醸造所 グランクリュワイン


ラルロ ニュイ・サン・ジョルジュ モン・デ・ゾワゾー 2017

ベルンハルト フーバー  ボンバッハー ゾンマーハルデ シュペートブルグンダー [R] G.G.  2015

希望小売価格 : 13,000円(税抜)

特級畑シリーズの中で最も果実味豊かでエレガント。
特級畑 : ボンバッハー ゾンマーハルデ

マルターディンゲン村の北東、ボンバッハ村にある特級畑が、「ゾンマーハルデ」です。 こちらの畑はシュヴァルトヴァルト(黒い森)の裾野にあたり、他の畑より標高が高く、また黒い森から降りてくる冷気もあるため、最も涼やかな畑になります。よって、ブドウの成熟期間がほかの畑より長くなるため、香りのきれいな、果実味と酸のバランスが取れたエレガントなワインに仕上がります。

ラルロ ニュイ・サン・ジョルジュ モン・デ・ゾワゾー 2017

ベルンハルト フーバー  ヘックリンガー シュロスベルク シュペートブルグンダー [R] G.G. 2015

希望小売価格 : 16,000円(税抜)

白くて硬い石灰岩がむき出しになっている土壌。硬質で力強く芯があり、長期熟成型。
特級畑 : ヘックリンガー シュロスベルク

マルターディンゲン村の西、ヘックリンゲン村の特級畑、シュロスベルク。二十数年前、ベルンハルトさんが開墾した、真南向きの、最大約70度になるバーデンでは珍しい急斜面の畑です。他の特級畑と違い、白くて硬い石灰岩が隆起してできた山で、表土がかなり少なく、水はけも良いので、粒の小さいブドウが取れます。根が地中深くまで伸び、白い石灰岩の地層より色々な成分を吸収するため、少し塩味のようなミネラルを感じるのも特徴です。タンニンも果実味も香りもしっかりした、硬質なワインに仕上がります。

【3本目】ブルゴーニュ 村名以上


ペロ ミノ ヴォーヌ ロマネ V.V.2011

ペロ ミノ ヴォーヌ ロマネ V.V. 2011

希望小売価格 : 17,900円(税抜)

ヴォーヌ・ロマネらしいワイン  
AOC:ヴォーヌ・ロマネ

国道74号の西側に隣接した村名の畑、「オー ゾルム」と「レ シャランダン」の2区画のブドウをブレンドして造られます。0.41ha所有。毎年1700-1800本ほどしか生産されない希少なキュヴェ。
ヴォーヌ・ロマネらしいフィネスを備えたワイン。赤黒系果実、スミレ、チョコレートなどのノートにスパイスやミントのニュアンスの複雑な香り。口当たりがシルキーで果実味や旨みが広がり、長い余韻が楽しめます。

ペロ ミノ
モレ・サン・ドニに本拠を構えて家族4代続く生産者。1973年にアンリ ペロ・ミノによって設立されました。1993年に現当主クリストフ ペロ・ミノがドメーヌを継承して以来、気鋭の生産者として評価を高めています。以前は果実の凝縮感を志向した時期もありましたが、近年はテロワールの個性を重んじ、ブルゴーニュのピノ ノワールらしい素直な果実味を持ち繊細、複雑で調和の取れたワインを造るよう努めています。アンリから引き継いだ畑は「アンリ」の名で、彼の世代になってから入手した畑は、「クリストフ」の名前でリリースしていましたが、2005年ヴィンテージから「ドメーヌ ペロ・ミノ」へ統一、買いブドウを「ペロ・ミノ」としています。

アンヌ・フランソワーズ・グロ サヴィニー・レ・ボーヌ クロ・デ・ゲット 2014

シャルロパン・ティシェ
ヴォーヌ・ロマネ 2016

希望小売価格 : 12,000円(税抜)

エキス感詰まったピュアな果実味
AOC:ヴォーヌ・ロマネ

南東向きの16アールの畑から造られる。樹齢は50年人の手による介入や管理を行なわず自然にまかせているため、発酵に長い期間を要しています。

シャルロパン・ティシェ
2014年、かの「ドメーヌ・シャルロパン」の当主フィリップ・シャルロパン氏の長男であるヤン・シャルロパン氏が、彼の妻の父であるジュスティン・ティシエ氏の協力を得て設立し、両家の名を冠した、わずか3haのみの小規模ドメーヌです。
若き当主のヤン・シャルロパン氏はボーヌで醸造を学び、その後修行のためタスマニアへ渡り、帰国後はシャブリやサンセールなどで経験を積んできました。現在は実家である「ドメーヌ・シャルロパン」において白ワインの醸造責任者を務めていますが、そこでは均一に保たれた高水準のワインを大量に仕上げています。
一方でこの自身のドメーヌでは、テロワールのダイナミックさを最大限に生かし、バラエティ溢れるワイン造りにチャレンジしています。
ブルゴーニュの伝統的方法に則って行われており、全ての過程においてできるだけ介入せず、造り込まず、果実感を生かしたピュアで滑らかな仕上がりになっています。
発酵は全て野生酵母による自然発酵。
【赤ワイン】低温浸漬し、自然発酵を経て、スーティラージュなしで木樽で熟成させます

ブシャールP&F(ドメーヌ) ヴォルネイ カイユレ アンシェンヌ キュヴェ カルノ 2010

ドメーヌ ブシャールP&F ル コルトン 2016

希望小売価格 : 17,400円(税抜)

濃密・複雑、華やかさを備えたワイン
AOC:コルトン

コルトンの丘の最上部に位置し、果実味とミネラルを思わせる風味が豊かなバランスの良いワインです。
果実味もありながら、口に含んだときの硬くミネラリーな印象はこのテロワールを特徴付けるもの。熟成を支える酸も比較的涼しい区画のワインゆえ豊富にあり、非常に長熟なタイプのワインです。

ドメーヌ ブシャール ペール エ フィス
1731年創業、1775年にヴォルネーのカイユレ畑、タイユピエ畑などを取得しワイン造りを開始しました。1820年に、15世紀の要塞であるシャトー ド ボーヌを取得し瓶熟庫として利用しており、現在も19世紀のワイン約3000本が眠っています。
1995年、シャンパーニュの老舗アンリオ家の故ジョゼフ アンリオがオーナーになると、ワイン造りの全工程において徹底した品質改革が行われました。
自社畑ブドウから造られるドメーヌワインと買いブドウからのネゴシアン部門がありますが、ドメーヌとしてのブシャールは、コート ドールに約130ha(うちグランクリュ12ha、プルミエクリュ74ha)におよぶ優れた畑を所有するコート ドール最大のドメーヌです。
品質向上へのめざましい取組みにより、優れたテロワールの力が発揮され、国際的に高い評価を得ています。
また、「幼子イエスのブドウ畑」の呼び名で有名な畑「ボーヌ グレーヴ ヴィーニュ ド ランファン ジェズュ」の単独所有者としても知られています。

【3本目】カリフォルニアを代表するピノ・ノワールの生産者たち


クロード・デュガ ブルゴーニュ ルージュ 2016

ボー フレール
ウィラメット ヴァレー ピノノワール 2017

希望小売価格 : 15,000円(税抜)

パーカーが唯一ワインの評価をしないワイナリー
AVA:ウィラメット・ヴァレー

ボー フレールがウィラメットヴァレーの優良畑をアッサンブラージュしたキュヴェ。
黒系果実の香りに黒胡椒のニュアンス。リッチでクリーミーな口当たりを持ち、パワフルな果実味を感じます。
カリフォルニア・ピノノワールの凝縮した果実味と、ブルゴーニュ・ピノノワールの洗練された味わい、熟成による複雑な香り、味わいの変化という両方を共有するスタイルを目指しています。

ボー フレール
1986年にマイケル エッツェルと義兄ロバート パーカーが共同設立。2017年にアンリオファミリーが取得し品質に磨きを掛けています。
ブルゴーニュを模範とし、自社畑ではビオディナミ農法を実践し、野生酵母で発酵、無濾過、無清澄で瓶詰する、なるべく人の手を掛けずに造るワインです。多様なピノ ノワールのクローンを組み合わせ作ることで複雑なワインが出来上がります。
ブルゴーニュを模範とし、樹間を狭くして収量を極力制限し、自然酵母中心で発酵させ、新樽比率は高く、酸化防止の亜硫酸添加は最小限です。

ロベール グロフィエ ブルゴーニュ ピノノワール 2017

ニコラ ジェイ ビショップ クリーク ピノノワール 2017

希望小売価格 : 16,000円(税抜)

メオのエレガンスをオレゴンで表現
AVA:ウィラメット・ヴァレー

ウィラメット ヴァレーの「Yamhill-Carlton AVA(ヤムヒル カールトン)」にある自社畑「BishopCreek(ビショップ クリーク)」のブドウのみで造られるシングル ヴィンヤード ワイン。9区画の中から厳選した2区画のブドウを使用しています。シングル ヴィンヤードは新樽率が50%とやや高くなっており、凝縮感のある果実味と渋味のバランス、余韻の長さがあり熟成もできるポテンシャルを持っています。

ニコラ ジェイ
ブルゴーニュのワイナリー、メオ カミュゼの新プロジェクトとして生まれた「ニコラ ジェイ」
Domaine Meo Camuzetの当主、ジャン ニコラ メオ氏と音楽関係の仕事をしていたジェイ ボバーク氏、カリフォルニア大学でワイン醸造とブドウ栽培の博士号を取得したトレーシー ケンダル女史の3人が出会ったことでその歴史はスタートしました。
彼らがワイン栽培の土地として選んだのはオレゴンのウィラメット ヴァレー。オレゴンワインの可能性を広げるべくヴォーヌロマネで培った知識と経験を注ぎます。
ワイン造りはジャン ニコラ氏の指導の下、トレーシー ケンダル女史が中心となって伝統的なブルゴーニュの手法で行われています。アルコール発酵は樫樽で21日間行い、ワインに固さを出さないように圧搾も軽めに抑えてシルクのように滑らかな舌触りになるよう努めています。その後、新樽32%のフレンチオークで15ヵ月間熟成させてワインに厚みや深みを与えています。

ニコラ・ジェイ ウィラメットヴァレー ピノノワール 2017

デュモル
ピノノワール コナー ジョイロード ヴィンヤード ソノマコースト 2014

希望小売価格 : 16,000円(税抜)

カリフォルニアにおけるブルゴーニュ品種の最高傑作
AVA:ソノマ・コースト

ワイルドローズ・ヴィンヤードの樹齢15年のぶどうから造られます。
バランスが取れており、深さがありながら決して重くなく、凝縮していながらエレガント。10年以上長く熟成できるワインです。
一本力強く筋の通った活き活きとした酸味がワインの最初から最後まで走り、集中したアロマとフレーバーをフィニッシュまで支えています。
 
デュモル
カリフォルニアでのブルゴーニュ品種の最高傑作と言われるワイナリー。
ケリー・マーフィーとマイケル・ヴァーランダーの共同経営で、ワインメーカーはパーカーにより「Wine Makers of the Year」に選ばれ、「神の手を持つ」と呼ばれるアンディ・スミス。
ソノマのロシアン・リヴァー・ヴァレーを中心に、最高の畑のぶどうのみを使って造り出すワインは、1996年設立ながら、既に「カルトワイン」と評価され、アメリカのオークションの常連。入手困難なワインの一つとされています。
パーカーはほとんどのワインに毎年90点以上をつけており、「私の愛するワイナリーの一つ」と評しています。
ワインメーカーのアンディー・スミスは、ポール・ホッブスを皮切りに、リトライ、ラークミードでワイン造りをし、デュモルによって彼の名を一躍有名にしています。

販売ページ