• HOME
  • ザ・セラー六本木とは?
  • ワインの選び方
  • スタッフ紹介
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • お問い合わせ
ログイン
スタッフのオススメ
自然派から探す
スタッフのオススメ
メルマガ会員募集中
セミナーレポート
ワインの選び方
スタッフ紹介
THE CELLAR NEWS
熨斗・ラッピング対応しております。
公式Facebook

実店舗情報

The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 営業時間11:00 〜 20:00
  • *新型コロナウイルスの影響で営業時間に関しては変更する可能性がございます。
  • 店休日無休(正月三箇日及びビル休業日を除く)
  • 所在地東京都港区六本木1-4-5アークヒルズ サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 営業時間10:00 〜 20:00
  • 専門スタッフ対応時間16:00 〜 20:00
  • *新型コロナウイルスの影響で営業時間に関しては変更する可能性がございます
  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル 1FFUKUSHIMAYA TASTING MARKET内
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 営業時間平日 12:00 〜 20:00
    土・日 11:00 〜 18:00
  • 店休日月曜日定休
  • 所在地東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa銀座ビル 1F リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
The Cellar Toranomonhills

ザ・セラー虎ノ門ヒルズ
2020年6月11日 オープン!

  • 営業時間平日 11:30 〜 21:00
    土日祝 10:30 〜 19:00
  • *新型コロナウイルスの関係で営業時間に関しては変更する可能性がございます
  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地東京都港区虎ノ門1-17-1 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワーB1F FUKUSHIMAYA内
  • TEL03-6550-9993
 

トップ>生産者厳選 クロ・ド・ヴージョ 3本セット

生産者厳選 クロ・ド・ヴージョ 3本セット

「ルロワのとなりは、ゆずれない。」生産者厳選 クロ・ド・ヴージョ 3本セット

山崎啓介
arrow
 

こんにちは、山崎です。

同時リリースの「プレモー・プリセ3本セット」のちょっとした一貫性に比して、私の妄想が呼び寄せた本セットは致命的なまでに支離滅裂ですが、妄想世界の産物とあって、個人的に中々愛くるしい内容です。

テーマは「クロ・ド・ヴージョ」「ルロワのとなり」
昨日、検索したところ30万円を割らない、超高価格の「ドメーヌ・ルロワ クロ・ド・ヴージョ」。なかなか手に入らない生産者ですが「じゃあ”そのとなり”はどうですか、」という奇想がもたらした主題です。

そもそも、80もの生産者が犇めき合う、「著名生産者高級集合住宅・クロ・ド・ヴージョ」に、区画別という概念を持ち込んだところで、それが有効なのかが不明瞭。「25階のメオ・カミュゼさんのお宅は、3階のジャン・グリヴォさんのお家より、家賃がお高くてよ。」なんて言ってもしょうがない気もします。その上、今回集めた3本は、必ずしもルロワの隣でないときたものだから、何がなんだかわかりません。 よって、本セットは主題からの一貫性というよりも、私の妄想にお付き合いいただくような格好になります。

ともあれ、内容は以下のとおりです。

★ドメーヌ・プリューレ・ロック クロ・ド・ヴージョ 2017
★ドメーヌ・フィリップ・シャルロパン クロ・ヴージョ 2017
★ドメーヌ・アラン・ユドロ=ノエラ クロ・ド・ヴージョ 2017


以上の3本を、89,900円(税抜)にてご用意いたしました。
通常価格で最も安いユドロ=ノエラの30,000円を切った、1本当たり29,900円強という価格でのご案内です。限定2セットですのでお見逃しなく!

下記は、本セットのテーマに沿った、ささやかなコメントです。
本当は鼎談風のものをご用意していたのですが、見るに堪えないので、やや冷静なヴァージョンをお届けします。

フィリップ・シャルロパン
今回の3本の中で、本当に隣接しているの唯一のワインがシャルロパン。 その所有区画は、ルロワの総所有の約2/3を形成する「クロ・ド・ヴージョ」下部の畑に隣接しています。斜面下部というネガティヴ・ポイントには、国道から付近の葡萄を使用しないという、ストイックな品質管理で対応。 アンリ・ジャイエ系譜の「完全除梗」と「低温浸漬」を突かれるとやや痛いかもしれませんが、実際にルロワに隣接しているという説得力で、他の2本を寄せ付けません。

アラン・ユドロ=ノエラ
実は、「ルロワ隣接区画」ではないユドロ=ノエラ。 ルロワが所有する2区画のうち、下部区画で隣接するシャルロパンに対して、ユドロ=ノエラは上部区画で「近接」します。 上部はシャトー・ド・クロ・ド・ヴージョを隣に据え、「ミュジニー」のエレガンスを汲んだ最上の区画のひとつ。ルロワはそこをシャルル・ノエラから購入し所有するに至りましたが、ユドロ=ノエラも同様にシャルル・ノエラから同区画を相続しています。確かに、ジャン・ジャック・コンフュロンが間に挟まっていますが、元を正せば同じ区画。ルロワが誇る品質が、最上のテロワールによって実現されているという前提に立てば、ユドロ=ノエラこそが「真のルロワ隣接」といえるかもしれません。

プリューレ・ロック
ルロワの所有区画に隣接どころか、近接もしていないプリューレ・ロック。 何故リスト・インしているのかが理解できませんが、マダム・ルロワの甥によるワインであるプリューレ・ロックは、「遺伝情報の隣接」という一本槍でこの戦いに 臨んでいる訳ではないようです。「ワインの本質は、最高品質の葡萄による、テロワールの表現にある」とするロックのスタイルは、他の2本よりもややルロワにリンクしていると言えそうです。「シトー派文献を参照した栽培・醸造」は、「ビオディナミ農法」に通じ、DRC、ルロワの系譜からもたらされる全房醗酵への執着は、他の2本とは一線を画します。「地図上の幻想に縋るな」とでも言いたげに、本セットに鎮座するプリューレ・ロックには、妙な説得力があります。

希望小売価格だと 138,000円(+tax)のところ、89,900円(+tax)です!!
31%OFF、48,100円 引きです!!
限定2セットですので、皆様どうぞお見逃しなく。
↓↓↓販売ページ

セット内容

ドメーヌ・プリューレ・ロック クロ・ド・ヴージョ 2017

ドメーヌ・プリューレ・ロック
クロ・ド・ヴージョ 2017

希望小売価格 : 60,800(税抜)

品種:ピノ・ノワール 100%

プリューレ・ロックは、クロ・ド・ヴージョのうち、上部の区画の1部を所有しています。樹齢は35-70年です。黒い果実やビターチョコレートを思わせる複雑な果実味、肉付きの良い口当たり、贅沢なまでの樽香、余韻に残るしっかりとしたタンニンなどが調和した長熟タイプの逸品です。

ドメーヌ・プリューレ・ロック
アンリ・フレデリック ロックが1988年に創立したドメーヌ。ラリー・ビーズ・ルロワの甥にあたり、1992年よりドメーヌ ド ラ ロマネ コンティの共同経営者も務めていました。古文書を研究し、700年以上前にシトー派の修道士が行っていたブドウ栽培・醸造方法を復活させ、実行しています。
2002年よりドメーヌに参画したヤニック シャンが2005年に醸造責任者、2010年より共同経営者に就任。2018年に惜しまれながらこの世を去ったアンリ・フレデリックを引き継ぎ、ヤニックが現在ドメーヌを担っています。

ドメーヌ・フィリップ・シャルロパン クロ・ド・ヴージョ 2017

ドメーヌ・フィリップ・シャルロパン
クロ・ヴージョ 2017

希望小売価格 : 40,000(税抜)

品種:ピノ・ノワール 100%

シャルロパンは、国道から西へ伸びる300mの細長い区画を0.4ha所有しています。国道近くの区画はクロ・ヴージョには入れず、格下げしてブルゴーニュ コート・ドールに入れています。そのため、下部区画由来でありながら、凝縮感とメリハリに優れたクロ・ヴージョとなっています。赤黒果実にスミレや牡丹、そしてほのかに腐葉土のニュアンス。エレガントで繊細ながら、しっかりとしたタンニンにより引き締まってパワフルです。長期熟成が期待できるワインもあります。

フィリップ・シャルロパン
ブルゴーニュのスター生産者。1976年にフィリップが20代にして父から1.8haの畑を相続。ワインに対して情熱的かつ極めて真面目、ディテールに執着する典型的な天才肌です。 ワインは魅惑的な果実のアロマとシルキーなタッチで、若いうちから美味しいスタイルゆえ「テロワールというより、シャルロパンのワイン」と言われることもありますが、熟成によりその真価が発揮され、美しいバランスとエレガンス、フィネスを見事に表現します。ドメーヌの冒険はさらに続いており、2007年にはボーヌに畑を新たに取得した他、シャブリでのワイン造りに着手し、手がけるアペラシオンは35に及びます。

ドメーヌ・アラン・ユドロ=ノエラ クロ・ド・ヴージョ 2017

ドメーヌ・アラン・ユドロ=ノエラ
クロ・ド・ヴージョ 2017

希望小売価格 : 30,000(税抜)

品種:ピノ・ノワール 100%

ユドロ・ノエラのクロ・ド・ヴージョは斜面上部に位置します。クロ・ド・ヴージョ城の真横とその下という、クロ・ド・ヴージョの中でも最高の区画のひとつで、「法皇のキュヴェ」と呼ばれる位置でもあります。並大抵のクロ・ド・ヴージョにはないリッチさ、深み、そして余韻の長さをもち、グラン・クリュとしての風格が漂うワインです。

アラン・ユドロ=ノエラ
リシュブール、ロマネ・サン・ヴィヴァン、ヴォーヌ・ロマネ1級マルコンソール、シュショ、そしてボーモン……。きらびやかなヴォーヌ・ロマネのクリマが揃う、ドメーヌ・アラン・ユドロ・ノエラ。これらは、旧ドメーヌ・シャルル・ノエラからもたらされたものである。したがって、このドメーヌの多くの畑は、後にシャルル・ノエラを買収したドメーヌ・ルロワの区画と隣接しています。
今日、ドメーヌのワイン造りに携わるのは、創設者アランの孫のシャルル・ヴァン・カネット。彼が造る、適度な抽出、ほどよく抑えられたオークフレーバー、そして何より口の中にじわっと広がる旨味が飲み手の心を強く引きつけています。
フランス本国での評価は非常に高く、とくに星付きレストランでは取り合いのドメーヌというのもじつに頷ける、いぶし銀のドメーヌです。

販売ページ